社団・財団.JPトップ > 設立 > 一般社団・一般財団とは

設立

一般社団・一般財団とは?

人の集まりと財産の集まり

一般社団法人とは、一定の目的のもとに結合した人の集合体に法人格を認めたもの、一般財団法人とは、一定の目的のもとに拠出され、結合されている財産の集まりに法人格を認めたものです。

収益事業も実施できます

従来の公益法人は、旧民法の規定に基づき、公益に関する団体であり、営利を目的としないことが設立の要件とされていました。しかし、公益法人3法の施行により、新たに設立する一般社団・財団法人は、事業内容の公益性は不要とされました。
したがって、収益事業のみを行う法人を設立することも可能です。
ただし、営利を目的としないことは引き続き必要とされるため、設立者や構成員に、剰余金や残余財産の分配をすることはできません。
この点が、株主への利益分配を目的とする株式会社などの営利法人と決定的に違うところです。

一般社団と一般財団の違い

一般社団法人と一般財団法人は、設立時に必要となる人員数、財産額などに違いがあります。

一般社団法人 一般財団法人
法人格の対象 人の集まり 財産の集まり
設立時財産 不要 300万円以上の金銭または財産
役員等の必要最低人数 ・社員2名(法人も可。)
・理事1名
(社員と理事の兼任可)
・評議員3名
・理事3名
・監事1名
(それぞれ兼任不可)
必須の意思決定機関 ・社員総会 ・評議員会
・理事会
最低純資産額 なし 300万円
(2期連続して下回ると解散)

お問い合わせ